尿失禁(尿漏れ)を治すトレーニング!「骨盤底筋体操」

骨盤底筋体操は、ご家庭で簡単にできるトレーニングです。
骨盤底筋と呼ばれる筋肉を鍛えて、尿道の閉まりをよくすることで尿失禁(尿漏れ)を防止します。

骨盤底筋とは?

骨盤底筋とは、恥骨と尾底骨の間をつり橋のようにつないでいる筋肉です。
骨盤底筋
膀胱、直腸、さらに女性の場合は膣、子宮が落ちてこないように下から支える役割をし、また尿道、肛門、さらに女性の場合は膣を閉める役割をしています。
ですから、この骨盤底筋が弱くなると、尿道が緩みがちになるので、尿失禁(尿漏れ)の原因になるのです。


骨盤底筋体操のトレーニング方法

おならを我慢する要領で肛門の周辺の筋肉を閉めます。
肛門周辺の筋肉が引き締まるのを感じることができると思います。

肛門を閉めたまま、おしっこを止めるようなイメージで尿道(女性の場合は膣の周辺)の筋肉も閉めます。
陰部全体を体の中に引き上げる感じで行って下さい。

そのまま5〜10秒間我慢した後、ゆっくりと力を抜いて緩めていきます。

これを10回繰り返して1セットとし、1日5セット以上行いましょう。
特に尿失禁(尿漏れ)が気になる方は、8セット以上行いましょう。
そうすれば、早い人で1ヶ月、遅くても3ヶ月で効果が現れます。

骨盤底筋体操はどんな姿勢でしてもかまいません。
椅子に座ってテレビを見ているとき、就寝前や起床後に仰向けになっているとき、料理をしているときや食器洗いをしているときなど、様々な生活シーンで行って下さい。

また、尿失禁(尿漏れ)が改善したからといって骨盤底筋体操をやめてしまうと、筋肉ですから当然また弱ってきます。
ですから、回数を減らしてもよいので、毎日続けることが大切です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。