男女を問わない尿の悩みに「カボチャの種子」

カボチャ種子(パンプキン種子)は、ヨーロッパで古くから頻尿、尿漏れ、前立腺肥大などの尿障害の予防、治療に利用されてきました。
カボチャの種子は、我々が普段食べている実の部分よりカルシウム・鉄・亜鉛・セレンなどミネラルが5倍も多く含まれているのです。

●カボチャ種子(パンプキン種子)はドイツでは医薬品

特にドイツでは、頻尿、尿失禁、残尿感や前立腺肥大症の効果がある医薬品として利用されています。
カボチャと言っても薬用として利用されているのは、普段我々が食べているカボチャではなく、西洋で種を利用するために栽培されているペポカボチャの種子です。

カボチャ種子の1日の服用量は、完熟した乾燥種子で10gまたはそれに該当する抽出製剤とされています。
カボチャ種子の特徴は、頻尿、尿漏れなどの症状に対して男女を問わず有効であることです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。