尿検査とは?

尿検査は、尿に含まれる成分を分析することで体の異常を検査する方法です。
健康な状態であれば、尿の中に含まれていてはいけない成分が含まれていたり、逆に尿の中に本来含まれていなければならない成分が含まれていなかったりすることで、体のどの部分で異常があるのかを発見する手がかりとなります。
ですから、腎臓、膀胱、尿道など泌尿器の異常だけでなく、その他の臓器などの異常も見つかるのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。