尿蛋白とは?

尿蛋白とは?

尿蛋白は、蛋白質が尿中に異常に含まれている状態をいいます。
健康な人であれば、蛋白質は腎臓で人体にとって有害な物質や不用物と分別され、再び血液中に戻って栄養分として利用されるのですが、腎臓の機能に異常があると、蛋白質は血液中に戻されずに有害物質や不用物と一緒に尿として排泄されてしまいます。
つまり、尿蛋白は腎臓機能に何らかの異常があることを知るサインとなります。


尿蛋白の検査

尿蛋白は、試験紙で簡単に検査することができ、薬局などでも市販されています。
試験紙に尿を浸けて色の変化で尿蛋白が陰性(正常)か陽性(異常)かを調べる方法です。
健康な人の尿にも微量のの蛋白質は含まれており、また激しい運動の後や発熱のあるとき、姿勢が悪くて背骨が曲がっている場合などにも尿蛋白が検出されることがありますので、一時的なものであれば心配ありません。
試験紙による検査で蛋白尿が陽性の場合は、一日の尿を溜めてその中の蛋白濃度を測定する二次検査を行なわれます。


尿蛋白が陽性であるときの病気・症状

尿蛋白が長期間また多量に出ているときは腎臓病や腎臓の働きに悪影響を与える病気の可能性が高くなります。
腎臓の機能に悪影響を与える様々な病気のことを総称してネフローゼ症候群といい、感染症や癌、薬物などが原因のことがあります。

腎臓の機能が悪くなると、栄養素が尿として体外に排出されるため栄養不足になることがあります。
また、人体に有毒な老廃物を体外に尿として排出できなくなるので、血液に乗って体中に有害物質が回ります。
さらに、尿中への塩分排出のコントロールもできなくなり、塩分と水分のバランスが正常に保てなくなるため、体液が体内に滞ってしまいます。

その結果、食欲不振や腹痛、疲労感、まぶたの腫れなどの症状が出てきます。
体液の滞りから体がむくみ、尿量が低下します。
最初は顔やまぶたが腫れて、症状が悪化するとひざ関節に水が溜まりやすくります。
肺の周りに体液が溜まると、息切れを起こしやすくなります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。