尿路感染の原因

通常健康的な人の場合は尿が流れ出る勢いによって、細菌などの微生物も尿と一緒に尿路の外に洗い流されるので、尿路感染にかかることもあまりありません。
しかし、尿の流れが悪くなるなんらかの要因があると尿路感染にかかってしまうのです。

●尿路感染の原因となる尿の流れが悪くなる要因

尿の流れを悪くする要因として、まず尿路のどこかが物理的な障害物によってつまってしまうことです。
一般的な原因は結石です。
結石が尿の通り道を塞いで尿の流れを妨げてしまうので、流れずに溜まった尿に細菌が感染するのです。
結石が尿路を長期間塞ぐと尿が逆流することもあり、腎臓へ細菌が感染して、腎盂腎炎になる可能性が増えます。

男性の場合は前立腺肥大で尿路感染にかかりやすくなります。
前立腺は尿道の周りを取り囲むように存在しているため、前立腺が肥大化すると尿道がギュッと締めつけられるように圧迫されるので、尿の出が悪くなり尿路感染しやすくなります。

次に神経の異常が尿路感染の原因となります。
神経の異常により膀胱機能が正常に働かなくなり尿の流れが悪くなって尿路感染することもあるのです。
正常な膀胱は尿をすっきり排出して膀胱内を空の状態にしまうのですが、脳、脊髄、膀胱につながる神経や膀胱から尿道への出口につながる神経が、神経疾患や外傷、出生時欠損で正常に働かなくなると、膀胱に尿を排出する命令がうまく伝わらなくなり尿をすっきり出しきることができません。
この場合、一般的には膀胱は収縮せずに、常に尿で満たされた状態で膨らんでいて、尿でいっぱいになった膀胱から溢れ出た少量の尿がポタポタと滴っていきます。
膀胱は常に尿が溜まっているので、細菌感染しやすくなります。

尿カテーテル挿入や手術中に使用する器具によっても尿路感染は起こります。
特に長期間カテーテルを固定的に挿入する留置カテーテルは、尿路感染を引き起こす可能性が高くなります。

腎臓から膀胱への尿の通り道である尿管と膀胱の間には弁があって、通常この弁が尿の膀胱からの逆流を防いでいます。
しかし、弁が何らかの原因でうまく機能していないと、尿が膀胱から逆流してこの尿の流れに乗って細菌も腎臓まで到達することもあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。