尿糖による病気

尿糖とは?

尿糖は、尿中にブドウ糖が異常に排出される状態のことをいい、いわゆる糖尿病の有無を知るための検査項目です。
尿糖検査で陽性になったからといって、全てが糖尿病という訳ではなく、食事のすぐ後に検査した場合など一時的に尿糖が陽性になることがあったり、体質によって尿糖がでることもありますし、逆に糖尿病でも空腹時であれば尿糖が検出されないこともあります。


尿糖が排出される原因

尿は血液中の老廃物を体外に排出する働きをしています。
尿はまず腎臓の糸球体で血液をろ過し、その後尿細管と呼ばれる管で必要な栄養素は吸収されて再び血液中に戻されます。

しかし、糖尿病になると通常エネルギーとして利用されるブドウ糖が各細胞に取り込まれにくくなって、そのため血液中のブドウ糖量が多くなる高血糖の状態となります。
そうすると、尿細管で再吸収できる限界を超えたブドウ糖が尿中に残っていまいますので、尿糖となって排出されるのです。
尿糖は一般的には血糖値が170mg以上になると検出されると言われています。


糖尿病と頻尿の関係

糖尿病になりブドウ糖がエネルギーとして利用されなくなると、血液中の過剰なブドウ糖を体外に排出する手段は尿として排出するしかありません。
ですから、体内ではブドウ糖を体外に排出しようとして尿を出すように働きかけるのです。
糖尿病の方が、たびたびオシッコをしたくなったり、夜間オシッコがしたくなり目が覚めるのは、このブドウ糖を体外に出そうする生理現象なのです。
ちなみに、糖尿病の方が喉が渇くのも、尿を出すことよって水分が体外へ過剰に放出してしまうためと、ブドウ糖の血液中濃度を下げるために水分補給させようとする反応が喉の渇きとして現れるためです。


糖尿病が起こす合併症

糖尿病で高血糖の状態が続くと、血管が傷みやすくもろくなり動脈硬化を起こします。
この高血糖による動脈硬化が腎臓の糸球体と呼ばれる毛細血管で起こると、腎臓の機能が低下し、糖尿病の三大合併症の一つとされる糖尿病性腎症という病気になってしまいます。

糖尿病性腎症が進行し、腎不全になると人工透析治療を受けなければなりません。
近年糖尿病が原因で透析治療を受ける患者が年々増加しており、透析治療を受けている患者の3割が糖尿病性腎症によるものであって、透析導入原因のトップを占めているのです。


| 尿糖
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。