尿路結石予防のための食事療法

水分をたくさん飲んで尿路結石予防

尿路結石は、結石が小さくて、尿路を塞いで痛みや尿路感染などの症状を起こしていない場合は、特に治療の必要はありません。
ただし、今後大きくなっていく可能性がありますので、結石が小さいうちに体外に出してあげれば未然に防ぐことができあます。
結石を体外に出すためには、水分をたくさん摂ることです。
水分をたくさん飲むと尿の生産が増えますので、結石が尿と一緒に体外に流れやすくなります。
結石を予防するための簡単で効果的な方法です。

シュウ酸の摂取を減らして尿路結石予防

結石成分にはカルシウムが多く含まれるために、過去には尿路結石の場合はカルシウムを制限するよう指導されてきました。
しかし、最近ではシュウ酸がカルシウム結石の形成を促進することがわかってきたため、シュウ酸を多く含む食事を制限するようにいわれています。
シュウ酸はほうれん草、いちご、トマト、コーヒー、ココア、チョコレート、緑茶などに多く含まれていますので、尿路結石のある方は、これらの食材の過度に摂取は控えるようにし、バランスのよい食事をしましょう。


尿酸値を減らして尿路結石予防

尿中の尿酸値が高まると、体内の細胞から尿中にカルシウムが排出されるため、結石ができやすくなります。
結石には尿酸が含まれているものもありますので、尿産値を下げることが尿路結石予防につながります。
ビールをはじめとするアルコール類や肉、魚介類の多い食生活は尿中の尿酸血を増してしまいますので、気を付けましょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。