子宮筋腫によっておこる頻尿

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、女性ホルモンの影響を受けて子宮の筋肉細胞が増加・腫大してこぶのように盛りあがる病気です。
良性腫瘍ですのでがんに発展したり他の臓器に移転する心配はなく、30歳以上の女性の20〜30%にみられる一般的な疾患です。
子宮筋腫によって引き起こされる症状は、不妊症や流産、早産、月経痛、腰痛、腹部の張り、貧血などがあります。


子宮筋腫と頻尿の関係

子宮筋腫の大きさは顕微鏡で見ないとわからないぐらいのものから、数十pほどの大きさになるものもあるのですが、子宮筋腫ができる場所や大きさによっては頻尿になることがあるのです。
というのは、膀胱は子宮のすぐ前方に位置するため、子宮筋腫が子宮の前方にできて外側に出っ張ると膀胱が圧迫されて、その刺激によってたびたびおしっこがしたくなる頻尿の症状が現れるのです。
ちなみに、子宮筋腫が子宮の後方に出っ張ると腸が圧迫されて便秘になります。


子宮筋腫の治療

子宮筋腫は良性腫瘍ですので、症状がなければ特に治療の必要はありません。
食事内容や生活習慣を見直して、子宮筋腫の進行をなるべく遅らせるよう努力することです。
しかし、症状がひどい場合は手術によって子宮筋腫を取り除いたり、ホルモン療法で子宮筋腫を縮小させる必要があります。
子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンによって影響を受け、閉経後には縮小していきますので、閉経を迎える女性の場合はすぐに手術をせずに経過観測していれば症状が改善することもあります。
また、桂枝茯苓丸や当帰芍薬散などの婦人薬の漢方薬の服用で症状が改善することもあります。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。