子宮内膜症による尿の症状

子宮内膜症とは、子宮の内側を覆っている子宮内膜が子宮以外の場所にできることによっておこる症状です。
子宮内膜は本来受精卵が着床して発育する場所であり、月経周期と共に増殖し、妊娠しないと子宮内膜は剥がれ落ちて出血して血液と共に体外に排出される、いわゆる月経(生理)が起こります。
この子宮内膜が何らかの原因で卵巣や卵管、腹腔内、直腸、膀胱などにできてしまい、子宮での月経サイクルと同様に、増殖して剥がれ落ち出血するというサイクルを繰り返してしまうのです。

子宮内膜症が尿に影響を及ぼす原因

子宮内での出血は、膣から体外へと排出されますが、他の部分での出血はもともと血液を体外に排出するような構造になっていませんので、血液が体内に溜まってしまい、この古くなった血液が他の器官との癒着を引き起こして、この部分が傷みの原因となります。
これが膀胱子宮内膜症や尿管子宮内膜症のときには、頻尿、排尿時の下腹部痛、排尿痛、血尿などの原因となるのです。
また、尿管子宮内膜症が尿管を閉鎖してしまうと、尿路結石の時と同じように尿の流れを妨げてしまうので水腎症を起こしてしまうことがあります。
子宮内膜症が腎臓や尿道にできることもありますが、稀なケースです。

子宮内膜症の治療法

子宮内膜症の治療には、ホルモン療法、手術療法があります。
ホルモン療法は、月経をコントロールしている女性ホルモンの分泌を止めたり働きを抑えたりする作用のあるホルモン剤を服用して、月経を一時的に止めてしまうことで、子宮内膜が増殖、剥離するのも抑えて症状を緩和する方法です。
あくまでも症状が治まるだけであって、子宮以外にできた異常な子宮内膜自体が消えたり改善されたりといった根本的な原因が解決する訳ではありません。
また、月経を止めてしまうのですから、当然正常な子宮の働きも止められますので、妊娠を希望する女性には用いられません。

手術療法は、子宮内膜症の原因となっている病巣を摘出する方法です。
手術ですので当然入院が必要で、開腹手術をによって腹部に傷跡が残ります。
最近では比較的体への負担の少ない腹腔鏡による手術を行うケースも増えています。
病巣を取り除きますので完治する可能性は高いですが、見えない病巣が残っている場合には再発することもあります。

子宮内膜症の病状の進行状況や妊娠の希望の有無などによって治療方法も変わってきますので、医師とよく相談してされぞれに合った治療方法を選択して下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。