泌尿器系の構造カテゴリの記事一覧


尿はどのようにして作られるのか?

尿は体にとって不要な老廃物や水分、塩分を体外に排泄するための1つの手段です。
尿を作る最初の器官は腎臓です。
hinyoki.gif
腎臓の役割は血液をきれいにするフィルターの役割をしています。
腎臓は血液が送られてくると、体に必要な成分と不必要な成分を分別し、必要な成分は再び心臓へ送り返して再利用します。
そして不必要な成分として残った余分な水分、塩分、老廃物などが尿となるもので、尿管を通って膀胱に運ばれます。

膀胱は尿を一時的に溜めておく袋の役割をしています。
膀胱は約500rの尿を溜めることができますが、通常250r〜300rの尿が溜まると、膀胱の壁にある神経が刺激を受けて、「尿が溜まってます」という情報が脊髄を通って脳へと伝えられます。

尿が溜まっているという情報を受けた脳は「尿を排出しなさい」という命令を出します。
すると膀胱からの尿の排出をコントロールしている括約筋が緩み、これを私たちは「おしっこがしたい」という尿意として感じるのです。

尿は膀胱から尿道を通って体外の排出されますが、私たちは括約筋を自らの意志でコントロールできますので、おしっこを我慢することができるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。