前立腺肥大予防に必須ミネラル「亜鉛」

亜鉛は生体内必須微量元素と呼ばれ、必要なのはほんのわずかな量なのですが、人間にとって必要不可欠なミネラルです。
亜鉛が人間にとって不可欠な栄養素(ミネラル)であると聞いても、ピンとこない方も多いのではないかと思います。
日本ではまだ亜鉛に対する意識は低い状態なのですが、欧米では亜鉛に対する認識が高く積極的に摂取されているのです。

●亜鉛は体内でどのような働きをしているのか?

私たちが食べた糖質、脂質、たんぱく質、いわゆる3大栄養素は、エネルギー源や細胞の材料になるのですが、その過程でさまざまな化学反応を経て、形を変えていきます。
この化学反応をスムーズに行うには酵素が必要で、亜鉛は200種類以上の酵素の必須成分として働いています。
その他、核酸やたんぱく質の合成に関与したり、傷の修復に関与したりしています。


●亜鉛と前立腺の関係

亜鉛は前立腺に多く含まれ、他の臓器の10倍も含まれているます。
男性ホルモンの合成に亜鉛が必要不可欠であり、亜鉛が不足すると精力が減退するのです。
前立腺肥大の原因は、加齢に伴う男性ホルモンの減退と関わりが深いので、前立腺肥大の予防に亜鉛は有効といえるでしょう。
前立腺肥大は尿道を圧迫し、男性の尿障害の原因となりますので、亜鉛不足にならないように積極的に摂取しましょう。


●亜鉛の必要量

亜鉛は1日に乳児で1.2〜6r、幼児でで6〜10r、成人では10〜12rを摂取することが望まれます。
妊娠中は胎児の細胞分裂が盛んに行われるので、亜鉛多く必要となります。
また、母乳にも亜鉛が多く含まれ、乳児の成長や免疫力の維持に不可欠な栄養素です。


●亜鉛を多く含む食品

亜鉛を多く含む代表的な食品は貝類のカキで、生のカキ約60g(3個)中に亜鉛が約24r含まれています。
牛肉にも多く含まれ牛肉約80g中に亜鉛が約3.36r含まれています。
そのほか、レバーや豆類にも含まれます。



尿の病気に使用する漢方薬

中国では、腎臓や泌尿器、生殖器などを含めた「腎」が最も大事にされ、漢方薬の5〜6割が「腎」に関する薬だと言われています。
尿の症状に処方する漢方薬には以下のものがあります。

●水分の代謝異常に五苓散

水の代謝をよくする茯苓など5つの漢方生薬が配合されています。
のどが渇いて水分を飲みたがるが、尿量が少ないような場合に処方します。
つまり、体内の水分吸収・排泄の代謝がうまく調節されない状態で、これに伴うむくみや下痢、頭痛、悪心などに用います。


●腎の機能低下、老化現象に八味地黄丸

血液を増やす作用があり、血行障害やホルモン分泌障害にも効果がある地黄(ジオウ)など8種類の漢方生薬が配合されています。
腎臓や泌尿器、生殖器などを含めた漢方でいう「腎」の機能低下や老化現象に効果があり、男女更年期や老人の糖尿病やインポテンツ、排尿困難頻尿むくみなどの症状によく用いられています。


●尿が出にくい症状に猪苓湯

のどの渇を止め、利尿作用のある猪苓など4種類の漢方生薬が配合されています。
尿量が減少し、尿が出にくく、排尿痛あるいは残尿感がある症状に処方されます。
体を冷やす生薬を中心とした配合となっていますので、膀胱炎など炎症を伴う症状には向いていますが、冷えを伴う症状には適しません。


●子供の夜尿症(おねしょ)、体質改善に小建中湯

痛みを取り、神経安定作用のある芍薬(シャクヤク)など体を温め、緊張を柔らげる作用のある漢方生薬が配合されています。
体質虚弱で疲れやすく、頻尿を伴う子供の夜尿症おねしょに効果があります。


●体質虚弱な女性の排尿異常に当帰芍薬散

女性の宝といわれ血の巡りを改善する当帰(トウキ)など6種類の漢方生薬が配合されています。
冷え症貧血気味の女性に処方され、体を温め血行を良くし、また排尿回数が多く尿量減少し喉が渇く症状に効果がありあます。


男女を問わない尿の悩みに「カボチャの種子」

カボチャ種子(パンプキン種子)は、ヨーロッパで古くから頻尿、尿漏れ、前立腺肥大などの尿障害の予防、治療に利用されてきました。
カボチャの種子は、我々が普段食べている実の部分よりカルシウム・鉄・亜鉛・セレンなどミネラルが5倍も多く含まれているのです。

●カボチャ種子(パンプキン種子)はドイツでは医薬品

特にドイツでは、頻尿、尿失禁、残尿感や前立腺肥大症の効果がある医薬品として利用されています。
カボチャと言っても薬用として利用されているのは、普段我々が食べているカボチャではなく、西洋で種を利用するために栽培されているペポカボチャの種子です。

カボチャ種子の1日の服用量は、完熟した乾燥種子で10gまたはそれに該当する抽出製剤とされています。
カボチャ種子の特徴は、頻尿、尿漏れなどの症状に対して男女を問わず有効であることです。


前立腺肥大を改善!「ノコギリヤシ」

ノコギリヤシは、北米南部原産のヤシ科のハーブの一種で、ノコギリヤシの果実が古くからインディアンの間で利用されてきました。
インディアンの間で強壮剤として珍重され、また膀胱や尿道の疾患の治療薬として使用されていました。

●ノコギリヤシはヨーロッパでは前立腺肥大の医薬品

ヨーロッパではノコギリヤシの成分研究が早くから進められ、果実に含まれる油性成分が前立腺肥大による排尿困難を改善することが明らかになり、ヨーロッパでは医薬品として使われるようになりました。
ドイツでは、160mgのノコギリヤシエキスを1日2回摂取することで73%の男性が、尿の出が良くなり、夜中にトイレに行く回数が減ったという結果がでており、1日当たりの推奨量が320rとされています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。