尿の泡カテゴリの記事一覧


尿が泡立つ原因、病気

排尿をすると妙に尿が泡立ち、不安に思われる方も結構いらっしゃるようです。
尿が泡立つ原因としては、尿中に蛋白質が多く含まれていることで発生することがあります。
この現象は表面張力によるものなのですが、簡単に言うと、分子同士が引っ張り合う力によって、液体が球状になろうとする力が強く働くために起こります。
水滴やシャボン玉が丸くなるのもこの原理によるものなのです。

尿中に蛋白質が排出される原因としては、腎臓に異常がある場合や過激な運動をしたとき、発熱したとき、体のゆがみなどがあります。

腎臓が正常であれば、蛋白質は尿中に排出されずに、再び血液中に戻されて栄養素として利用されるのですが、腎臓の機能に異常があると、蛋白質を濾過することができずに蛋白尿がでてしまいます。

尿が泡立つ原因の1つに糖尿病が挙げられますが、これも糖尿病が進行すると腎臓に負担がかかり、腎臓の機能を低下させるため、たんぱく尿がでるためです。

尿が泡立つ現象については、尿の出が悪いなどその他の体の異常を感じなければ、それほど心配する必要はないかと思われます。
心配な方は、尿検査紙によって蛋白尿を簡単に調べることができますので、一度検査されるとよいでしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。